中学受験の理科は語呂合わせで覚える

勉強中学受験で、理科というのは合否をわけてしまうくらいかなり重要な科目だといっても過言ではありません。実際にそこまで重要な科目だと知っている人も少ないのが現実です。生物とか地学、物理や化学の4つの分野から出題されるので覚えないといけないことがとてもたくさんあります。少ない時間で確実に暗記をするためには、語呂合わせを使うことが効果的なのです。そうすることで、ゲーム感覚で楽しみながら入試のための勉強をすすめていくことができます。授業ではきちんとノートをとり、テストに出た部分はきちんとチェックをしておきます。大切なことは、完璧に要点をおさえておくということです。また、過去問題集をすることで、どんな問題が受験に出るのかもわかってきます。過去問をいくつもして、慣れていくことで本番でスムーズに解くことができるのです。

また、語呂合わせを単元ごとにノートにまとめておくことで、自分だけのオリジナルの参考書を作ることが。少ない時間で復習もできますし、子供のモチベーションもどんどん上がっていきます。子供に暗記をさせるには、「見せて」、「書かせて」、「声に出させて」が大事です。五感を活用することで黙って覚えさせるよりも記憶には確実に残るからです。語呂に合わせ、絵とか図を書かせることで、頭の中を子供が自分で整理しやすくなるというメリットもあるのです。語呂合わせに用いた人物などに日常生活で触れることで、日常生活の中でも覚えているか確認もできます。