中学受験理科 植物の場合を例に

中学受験の場合、学習の範囲は複数の学年にまたがり、大変多くの単元について基本的な理科的素養を身に付ける必要があります。

たとえば植物の単元は、文科省の新指導要領では、多くの身近な草木の名称だけでなく、どの季節に花が見られるか、そしていつ実をつけるかなど、かなり細かな観察力や知識、観察のための機能などが問われます。したがって多くの場合、家庭で保護者の方が指導なさるには、そういった近年のカリキュラムや出題範囲、それから過去問のレベル問い、広範囲な情報をつかんだうえでの対応が望まれます。

例えば被子植物の場合、単子葉類と双子葉類について根、茎、葉の特徴とそれらの区別の仕方、それぞれの分類手法の理解が必要です。さらに、双子葉類のなかでも合弁花類と離弁花類の違い、そして実際の草本をこのいずれかに分類する練習が必要になる場合があります。

勉強これらは中学1年生の生徒の習得すべき基本事項として取り上げられているレベルですが、経験の少ない場合には高校生でも戸惑うかもしれません。ですから、受験の必要な中学校を目指すレベルを目指す意欲ある小学生ならば、指導法さえ間違わなければ理解はそれほど難しくはありません。しかし、実際の植物を詳しく観察したり、手に取ってじっくり区別できるようにするなど、結構時間をかけて指導することも必要になります。

こうした細かな情報や習得すべき技能に関してはやはり、定評のある中学受験専門の塾の塾講師による指導で、実力を付けてもらえます。